車 part||・・(ちょっと走り屋な話)

今日も車について書いてみようと思う。

昨日はオチはないって書いたのに結局ちょっとオチっぽくなってしまった・・・

ってことで今日は最後まで頑張って真面目に書こう。

このところよく思うことなのだが・・

最近はずいぶんと改造車が多い。

改造車といっても不正改造や整備不良はここでは除きます。

いわゆるお天道様(桜のマークの方)に顔向けできる範囲の車ね。

以前は不正改造だらけだった俺の車も最近はかなりおとなしくなってます。

めちゃくちゃ真面目にしてます。

なのに・・・なぜこんなによくK察に止められるんでしょ・・・(T∇T) ウウウ

改造車なんていくらでもゴロゴロいるでしょ〜が!

いや、むしろ不正改造車だってまだまだいっぱいいるでしょ〜が!

制限速度きっちり守って安全運転してる俺がなぜ?ナゼ?何故?

他の改造してる車に乗ってる人もこんなにしょっちゅう止められるんでしょ〜か?

ちょっと車高が低いといってもちゃ〜んと車検に通るレベルです。

ちょっとマフラーがうるさいとはいってもちゃ〜んと車検に通るレベルです。

ちょっとバンパーがでかいといってもカッコイイと思えるレベルです(意味不明)。

ちなみにこれがその車です。

地元で普通に走ってて一度だって警察に止められたことなんざなかった。

つまり、都内のK察がうるさいだけなのか?

ちなみに、この前止められた時・・・

車からスーツ姿で降りてきた俺を見たK官がこんなことを言っていた・・・

「いや〜こんな真面目そうな方が運転されてるとは思わなかった」と。

じゃぁどんな感じの人が運転してればいいんだ?

ヤンキーみたいな感じのヤツが運転してれば納得なのか?

そもそもスポーツカー=ヤン車という認識は古すぎね〜か?オィ

今時シルビアや180SX(俺の車)みたいなスポーツカーにヤンキーが乗るとも思えんし・・・。

かなり偏見があるような気がしてならないのは俺だけなのかな?

法律の範囲内で自由に改造することは許されてるのに・・・

ちなみに今の車の色は白だけど前の車は紫でした。

「色が目立つだけで止められたんだろうな〜」と思うことも多々ありました(色を塗り替えるのはもちろん合法です)。

車が好きな人が自分の車をかっこよくしたってい〜じゃね〜か(法の範囲内ならね)。

「改造車=悪いヤツ」という古い偏見はいいかげんに捨てて欲しいと切実に願う今日この頃

超ドハデな改造車でも乗ってる人はめちゃくちゃいい人そうな人が乗ってたりすることも多々あります。

走り屋だって、まぁ場所を間違えればただの暴走族と変わりないかもしれないけど、やってる人は普通の人ばっかりです(ヤンキーではない)。

俺の地元は山だったので峠で走ってる人ばっかりだったけど、誰かが困ってれば全員で助けてあげたりといい人ばっかりです。

コンビニの廃棄の弁当を配ってる心優しい人もいました(俺だけど(-。-) ホ゛ソッ)。

見ず知らずの人だって話しかけたり話しかけられたりと、実に普通の人ばかりです。

まぁ、↑のようなことは峠というある種特殊な空間のせいかもしれないけど、そんないい人ばっかりです。

峠にはマナーも存在します(暗黙の了解も多いですけど・・・)。

普通の車(走り屋ではない車:一般車)が通る時は通行の妨げにならないようにみな走るのをストップしたりしてます(ウチの地元ではね)。

K察が来れば逃げます・・・ってそれはこの際かんけ〜ないか(笑)

ま、とにかく他人の迷惑にならないように注意を払っていると思えます。

ちなみに俺は捨ててあるゴミを拾ったりもすることもあります。

なんか超いい人ぶっているかのようですが、ホントの話です。

まぁ、たまにはマナーの悪い人もいますけどね(俺の目から見てね)。

でもみんながみんなマナーが悪いわけじゃないんです。

もっと多くの人に走り屋を知ってもらいたいと思った今日この頃でした。

 

※でも・・・所詮・・・公道でのドリフトや速度超過はもちろん道路交通 法違反行為です。

ってことで、次回「サーキットへ行こう」をテーマにしてみますか♪

閉じる