[TECHNO]

 これもまた何と説明すればいいのか悩むジャンルですが‥、そうですねシンセサイザーやサンプラー、シーケンサー、エフェクターなどを多用したピコピコ系の音楽と言えばわかりやすいでしょうか。以前は4つ打ちのものが主流でしたが、最近(近年)ではブレイクビーツなども多く取り入れられていますね。他にもサンプリングが確立されてヴォイスをサンプルする手法が常套手段となっていますね。
 基となったのはハウスやエレクトロといったところで、80年代にデトロイトで生まれたスタイルです。日本でも早くからYMOがこのジャンルで人気を泊して以来、広く受け入れられていますね。


☆ニューウェーブ
 これは80年代にイギリスを中心に生まれたロックのムーブメントなのですが、テクノ、ハウスなどに大きな影響をあたえたと言って良いでしょう。

☆デトロイト・テクノ
 現在のテクノの基本になった80年代終わりに生まれたスタイルですね。

☆ミニマル・テクノ
 一定のパターンが繰り返されて、できているテクノですね。この辺は説明するのがなんとも難しいですね。ジェフ・ミルズとかが有名ですね。

☆アシッド・テクノ
 アシッド・ハウスに影響をうけたテクノ、やはりアシッド・ハウス同様TB303がメインになっています。

☆ビッグ・ビート
 ロックを強く意識したブレイク・ビーツものですね。プロディジー、ファットボーイスリムが有名ですね。(私の主とするジャンルです)

☆アンビエント(チルアウト)
 リラックスできるきれいなメロディーが特徴的です。ダンスをするためというより、ダンスの後リラックスするためのものといっていいでしょう。


 テクノもこの他に様々なスタイルがあるわけですが、主なところはこんな所でしょう。